暇人大学生のスプラトゥーン攻略!!

スプラのせいで学校では最下位....w

2023年版・最もパフォーマンスの高い仮想通貨は?

現在、世界中には数千種類の仮想通貨(暗号資産)が存在するとも言われています。その話題性の高さから、興味を持っている方も多いのではないのでしょうか。投資や副業の手段のひとつとして、fx仮想通貨をはじめる方も増えていると言われています。

しかしその反面、いざ仮想通貨を購入しようにも「どの仮想通貨を買えば良いかわからない」「そもそもはじめ方がわからない」と頭を抱えてしまうケースも少なくありません。ここでは仮想通貨の選び方とともに、2023年におすすめの銘柄について見ていきたいと思います。

仮想通貨とは

昨今、ニュースの話題に上ることも増えた『仮想通貨(暗号資産)』。インターネット上にのみ存在するデジタル通貨のことで、一般的には取引所や販売所と呼ばれる仮想通貨交換業者を利用して取引が行われます。仮想通貨の代表的なものとしてビットコインやイーサリアムなどの種類がありますが、どの通貨も入手・取引を行うためには仮想通貨取引所で口座開設をする必要があります。現在、仮想通貨の種類は2,000以上あると言われており、その大きな特徴は、法定通貨で言うところの中央銀行といった管理者が存在しないことです。つまり、紙幣や硬貨などは存在していませんが、通貨と同等の価値があると考えられているため、料金の支払いや買い物などに使用することも可能となっています。また、仮想通貨の種類にもよりますが、基本的に安い手数料で送金などを行えることが魅力の1つとされています。

チェック項目

このように多くの種類から選ぶ際には、基本的に以下の項目を確認することをお勧めします。

まず1つ目は、通貨としての信頼性です。仮想通貨はデジタル上で取引される性質上、詐欺やマネーロンダリングなどに悪用されてしまうケースもしばしば見受けられます。その点、金融庁に登録されている国内の仮想通貨取引所で取り扱われ、『ホワイトリスト』と呼ばれている仮想通貨であれば、交換業者が審査を行い、協会が承認をしていることから、他の仮想通貨と比べても、安全性や信頼性が高いと考えられます。

2つ目は、時価総額の確認です。時価総額は「発行枚数×価格」で求められ、「仮想通貨の規模」を表しています。つまりは株式会社の時価総額と同じようなものです。時価総額の目安は最低でも「100億円〜300億円以上」、これより時価総額が小さいと、仮想通貨に関する情報が乏しかったり、取引できる取引所が少ない、注文が通りづらいなどのデメリットが発生しかねません。

3つ目は、マーケットにおける流動性です。一般的には、時価総額の大きな仮想通貨ほど流動性が大きくなると言われています。そして1日の売買代金は、その日にどれだけ活発に取引されたかを測る指標になります。

最後は、ボラティリティ(値動きの変動率)の高さです。多くの場合、ボラティリティがなければ、仮想通貨を投資に用いて利益を上げることは難しくなってきます。こうしたボラティリティを確認するには、仮想通貨の価格チャートを見る必要があります。

仮想通貨の王様・ビットコイン

前述したようなチェック項目をクリアし、かつ、将来性があるとして多くの人々から圧倒的な高評価を得ているのが『ビットコイン』です。また、ビットコインは数多くの仮想通貨の中でも事実上の基軸通貨としての役割を果たしており、現状存在しているほとんどのアルトコイン価格はビットコイン価格に少なからず影響を受けていると言っても過言ではありません。さらに、ビットコインから分裂したり派生した通貨も少なくありません。このような背景もあって、ビットコインは数多く存在する仮想通貨の中でも、きわめて中心的な存在であり、仮想通貨投資をはじめるにあたって、真っ先に投資対象として検討すべき銘柄の一つと言えます。

イーサリアム

次にお勧めしたいのが『イーサリアム』です。2015年7月に登場したイーサリアムは、ビットコインに次ぐメジャーな仮想通貨と言われており、時価総額もビットコインに次ぐ第2位となっています。また、イーサリアムには『スマートコントラクト』という、デジタル上で契約・取引を自動完結させる機能が使われています。これは、簡単に説明すれば、契約の自動執行のことで、条件を満たした場合に自動的に契約を実行するための仕組みのことを指しています。契約情報はブロックチェーン上に書き込まれるため、改ざんされるリスクが少なく、契約の履行に第三者を介する必要がないため、コスト面でも競争力があると言われています。